みこみこ杯4月20日(土)20時開催!バーチャル人狼リーグバーチャル麻雀リーグ

動画・配信

【インタビュー】折紙正宗さんがYouTube広告の検証結果を公開。チャンネル登録者数・再生数の増加に留まらないメリットとは

Date: 2019/02/08 タグ: , ,

Vtuber post

Vtuberの折紙正宗さんは2月5日、自身が行ったYouTube広告の検証動画を投稿した。広告期間は1月17日(木)~1月31日(木)の15日間。広告ターゲットや費用、表示回数、チャンネル登録者数の動向など、詳細に解説している。

YouTube広告の仕様とその検証【Vtuber】

 

なぜ個人で広告を出すことにしたのか、といった理由については動画内で説明されているが、12月にデビューしたばかりの折紙さんが行動に移した背景を探るべく、インタビューを行った。

 

折紙正宗

折紙正宗

初めまして折紙正宗と申します。 諸事情によりVTuberとなることになりました。 本チャンネルではゲーム実況動画を中心に活動しております どうぞよろしくお願い致します。

→Vポスのデータベースページはこちら

 

ーーまず折紙さん自身のことをお伺いします。Vtuberになったキッカケを教えていただけますか?

元々私はゲーム実況動画が好きで、ニコニコのゲーム実況者の動画をよく視聴していました。ですが、ニコニコの衰退とともにゲーム実況自体も古参が投稿を続け、新しい人が出てこない印象を受けていたところ、Vtuberが流行してゲーム実況などを行っているのを知り、Vtuberを視聴するようになりました。
当時は動画主体の方が殆どだったので、この流れでまたゲーム実況動画の新しいスタイルが確立され、色々な方が出てくるのではと期待しておりました。ですが時間が経つ毎に業界全体が生放送主体に傾いていき、今では最上位のVtuberを除いて殆どが生放送主体になってしまいました。
正直に言いますと、このままでは界隈の多様性が失われ衰退していくと考えています。そこで、少しでも動画主体の方が増えてほしいと思い、私自身が動画主体のVtuberとして活動することで、少しでも誰かを刺激することができ、動画主体の方が増えていくキッカケ作りが出来ればと思い、Vtuberになることにしました。

ーーリスナーという立場でVtuberを視聴していた頃とVtuberとして活動されるようになった今とで、Vtuber界隈に対して認識が変わった部分はありますか

基本的には変わっていません。やはり、動画主体の方と生放送主体の方の比率が乖離しすぎているので界隈の縮小化が進行していると思います。

ーー折紙さんは動画を主体に活動されていますが、1本の動画の作成に要する時間はどのくらいでしょうか?

私が投稿している動画だとバイオハザード1解説の1本当たりの作成時間は10時間は掛かっています。ゲームの収録が30分~1時間、解説なので声は後付で30分程、動画編集で8時間くらいは掛かっていると思います。基本的にバイオ1は2日かけて1本出来る感じですかね。
ホロウナイトは初見実況なので、5時間くらいだと思います。ゲームの収録が30分程度、動画の編集が4時間ぐらいですかね。企画で投稿したDragon Marked For Deathは下調べを含めると1本20時間は掛かっています。

 

※いくつかのやりとりで、「時間がかかる」という点が動画主体で活動していく中でネックになるという話に。素材収集にかかる時間、動画編集ソフトに慣れるまでの時間、編集そのものにかかる時間…。これを踏まえたうえで、インタビューは広告検証の話に移る。

 

ーー動画で今回の検証について目的をお話しされていましたが、 「YouTubeの広告や業者から数字を売買している、という話題を目にする」 という点が特に大きな理由のようにお見受けしました。どう感じられていましたか?

広告はYouTubeが公式に行っていることで何もやましい事ではありません。そもそも広告を否定したら、ほとんどのものが引っかかるでしょう。正式なサービスを利用しているだけなのに批判されるのはおかしいと思っていました。もちろん業者から数字を売買することは完全なYouTube規約違反です。

ですが、外から見ていると異常な数字の増え方をしているという事実だけしか確認できず、実情は把握できません。なので自分自身で広告の検証を行い、YouTubeの広告がどういう物なのかを皆さんに伝えたく動画にしました。

ーー折紙さんが1月19日に出したツイートへの反応を見ると、皆さんも広告に興味があることが伺えます。反響も大きかったのではと予想しますが、どういった問い合わせが多かったのでしょうか?

基本的には広告費や登録者の増加などデータの詳細が気になるという内容がほとんどでした。ですが、この時点では広告を出した結果の振れ幅が非常に大きくまともなデータとして出せる状態ではなかったことと、ちょうどDragon Marked For Deathのマスターズカップの企画に参加が決まった時でデータをまとめてる時間も無かったので、もう少し長いデータの集計をする旨をお伝えしておりました。

ーー動画では触れていなかった点についていくつかお尋ねします。折紙さんは広告を1円で入札(設定)されていましたが、設定期間内でも何円分に到達したら終了、といった総予算の上限も設定できるのでしょうか?

広告の総予算の上限も設定できますし、1日あたりの金額も設定できます。1日あたりの設定金額の場合も予算を超えると広告を掲載しなくなるので、決められた価格以上の費用が掛かることはありません。

ーー広告の設定では、時間や曜日も指定できると思うのですが、今回折紙さんはこれらに関しては設定されていないんですよね?

時間指定や曜日指定も可能ですが、今回の検証では設定しませんでした。私が出した広告の表示回数の傾向として、金曜日が極端に少なくなっていました。これは、金曜日を指定している広告主が多いのだと予想されます。また、時間帯ですと、23時~0時の間が一番表示回数が多い結果となりました。

ーー予算としてどのくらいの費用を見積もっていましたか?

費用としては1日あたり1,000円で1週間の検証をしようと考えていたので、7,000円ぐらいで見積もっていました。ですが、予想以上に1日当たりの費用がかからなかったのと、クーポンで7500円分貰えたので1月の終わりまで広告の掲載を行いました。ですが実はまだ広告費(クーポン)余っているんですよね。

ーー費用に対して効果は高いと考えますか?低いと考えますか?

本来無名の新人が宣伝を行う手段としてTwitter等を使うことが多いと思いますが、宣伝にかかる時間が非常に大きいと思います。ですが、広告掲載の場合は本来宣伝で使用する時間を動画制作などの時間にあてることが出来るので、その点も踏まえると効果は高いと思います。

ーー今回の検証に興味を持った皆さんへ、またVポスを利用されている皆さんに向けてメッセージをお願いします。

今回の私の動画で、マイナスイメージが強いと思われる広告に対する考えを少しでも払拭できれば幸いです。費用は発生しますが、個人でもきちんと案を練った広告を掲載すれば宣伝効果は高いと思われるので、Vtuber界隈の層を広げる手段の一つとして活用されていけたら良いと感じました。

 

折紙さんが触れたように、広告を出す目的を、チャンネル数・再生数を伸ばす、といった点に留めず「宣伝(アピール)」にかける時間を制作にあてる、という考え方は動画そのもののクオリティを上げることにもつながるのではないだろうか。

動画ではカットされている部分についての回答も記事で公開することをご快諾いただいた折紙さんに感謝申し上げるとともに、この記事をご覧の方には動画内の検証結果ともども参考にしていただければと思う。

記事作成

Vtuber post

Vtuber post 編集部。Vtuberに関する話題を集め、ニュース情報としてお届けしております。情報提供はお問い合わせ、またはユーザーニュース投稿よりお寄せください。


この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE

まい

萩尾トメ

乙夏れい

パラぺら

スポンジノブ

神山カナタ

白花伝伯爵

常磐カナメ

ページの先頭へ

Copyright © 2018 Leadit Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページ翻訳(テスト運用中)
英語中国語(簡体字)中国語(繁体字)フランス語ドイツ語イタリア語日本語Koreanポルトガル語Russianスペイン語