動画・配信

アズリム問題で織田信姫が動画投稿で本人に呼びかける。「アズマリムを救いたい」

Date: 2018/11/10 タグ: , , , , , ,

11月7日、有名Vtuberアズマリム(アズリム)ちゃんが、運営とのやり取りに関してTwitterで切実な悩みを打ち明け、Vtuer界隈で議論が巻き起こっている。問題のツイートは以下の3件。多くのVtuberやVtuberファンが心配とともにコメントを寄せているが、その後ツイートは止まったままだ。この事態を受け、活動継続の危機では?といったニュースも飛び出すほどだ。

 

多くの心配・同情の声

この問題に関して、多くのファンやVtuber、業界関係者など多くの方から心配・同情などの意見が寄せられている。

 

一方経営目線での意見も

一方で、この問題を経営目線で考えたツイートも見受けられる。

 

実際のところ、外部からはアズマリムちゃんと運営会社がどういった契約で動いているかはうかがい知れない。
このため、どちらの意見が「正しいか」といったことを述べることは難しく、感情論のぶつけ合いになってしまう可能性が高い。

ファンやVtuberの気持ちからすると、運営憎しといった意見が出るのは当然のことであるが、状況によってはVtuberを運営する企業側を脅かす行動であるという要素も否定はできない。
はたしてこの問題の着地点はどこになるのであろうか・・・。

 

織田信姫が「アズマリムを救いたい」という動画を投稿して呼びかけ

そんな中、同じく有名Vtuberである織田信姫ちゃんが「アズマリムを救いたい」という動画を投稿して話題になっている。動画の内容としては、アズマリムちゃんに対してエールを送る一方で、企業側や経営の事情に関しても一定の理解を示すものだ。

詳しくは動画を見てほしいが、単にVtuberと企業側の意見の仲裁をするといったものではなく、利害関係を乗り越えたうえで、より高みを目指して活動してほしい、ファンのために笑顔を見せてほしい、そういった願いが込められたメッセージだ(と理解している)。冷静に、かつ想いの詰まった彼女のメッセージに視聴者は心を打たれることだろう。筆者も思わず何度も見返してしまった。

 

Vtuberは生きている。運営企業が考えるべきこととは?

前述の動画内では、織田信姫ちゃんが企業側に対して、「あたしたち(Vtuber)だって、生きている」と述べ、Vtuberに対するスタンスを考えることを提起している。

この一言に込められた意味は重い。
企業はもとよりVtuberを営利目的で利用している。これは企業自体が利益を得るための存在であるからして当然のことだ。しかしながら、あくまでVtuberはキャラクターではなく、意思のある人間であり、その扱いを本人の意思を無視して蹂躙することは許されることではない。

従業員や受発注関係にある他の企業などと置き換えればその理解はたやすい(はず)だが、見た目がバーチャルであるため、なんとなくこの意識が薄れているような気がしてならないがどうだろうか。また、Vtuberを支援するファンに関しての配慮も今回大きく欠けてしまっていたのでは・・・と思われる。

Vtuberと運営企業に関するこの問題は、Vtuber業界が今後さらなる発展を遂げられるかどうかについて、非常に大きな意味を持つと筆者は捉えている。
Vtuberと企業とお金は切って切り離すことができないものであり、きれいごとでは今回の問題は乗り切ることができないはずだ。
毎日のように状況が変わる非常に変化の激しい業界ではあるが、利害関係者が納得でき永続的な活動をすることができる仕組みづくりが大切なのではないか。


この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE

朝家エリ

若桜チル

凛叶サク

大神ミオ

火山たん

星鳴ルルコ

這音ナイア

放課後ゲーム部

ページの先頭へ

Copyright © 2018 Leadit Co.,Ltd. All Rights Reserved.