サービス

にじさんじ運営のいちから株式会社が新プロジェクト「ユメノグラフィア」を発表。 VR空間上でキャストと一対一で交流

Date: 2019/04/03 タグ: , ,

Vtuber post

バーチャルライバーグループ「にじさんじ」を運営するいちから株式会社は4月3日、新プロジェクト「ユメノグラフィア」(Yumenographia)を発表した。 VR空間上でキャストを指名、利用時間に応じて料金を支払い、その時間内は一対一で自由に過ごすことができるというもの。 同日より4月12日(金)まで体験会の抽選予約を受け付ける。
体験会は、正式版のリリースに向けて行うもので、4月19日(金)・20日(土)・29日(月)・30日(火)に東京・神田で実施される。

 

以下プレスリリースより

ユメノグラフィアとは?

バーチャル空間上のカフェにアバターをまとって入店し、キャストと会話を楽しんだり、一緒にゲームをして遊んだりすることができる新感覚のサービスです。 これまでにない双方向のエンターテイメントを通じて、バーチャルをもっと身近に感じられる新しい日常を提供します。

コンセプト

VTuberに代表されるこれまでのバーチャルコンテンツは、一対多数、多数対多数の形態が主流でした。
ユメノグラフィアでは、一対一の形態をとることでキャストだけでなくユーザーもコミュニケーションの主体となります。一対一・双方向という新たなエンタメ空間によって、リアルとバーチャルが溶け合う特別な時間を過ごすことができます。

プロダクト概要

VRデバイス(Oculus Rift)をプラットフォームに、ユーザーはVR空間で展開される店舗(カフェ)に入店して、会話したり遊んだりしたいキャストを選択します。
利用時間に応じて料金を支払い、その時間内キャストと自由に過ごすことができます。

プロジェクト名について

人々の生き方や働き方が変わる中で、今後はエンタメのあり方も多様化していきます。
かつて星空を見た先人達が思い思いの星座を連想し物語を加えていったように、現代の人々にもまた『バーチャル空間という名の新たな宇宙で、多種多様な楽しみ方を見つけてもらいたい』そんな思いから、19世紀初頭に天文学者ヨハン・ボーデが著した星図と、神話時代から現代まで人々が絶えず持ち続けてきた「夢=ユメ」を掛け合わせて、プロジェクト名を「ユメノグラフィア」としました。

 

「ユメノグラフィア コンセプト体験会」概要

正式版のリリースに向け、多くの皆様にそのコンセプトをご体験いただきたく体験会を企画いたしました。
会話だけでなく、一緒にゲームをしたり、バーチャルコーヒーを飲んだりとバーチャル空間で一対一ならではの交流をご体験いただけます。

募集期間
2019年4月3日(水)00:00~2019年4月12日(金)23:59
開催日
4月19日(金)・20日(土)・29日(月)・30日(火) 各日12時~18時30分(各回30分程度)
場所
東京・神田
参加方法
抽選予約制
申し込みフォーム
https://forms.gle/MjLU6x1vk1pfmXxs9

体験会については、今後も随時実施予定とのこと。

 



記事作成

Vtuber post

Vtuber post 編集部。Vtuberに関する話題を集め、ニュース情報としてお届けしております。情報提供はお問い合わせ、またはユーザーニュース投稿よりお寄せください。


この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE

手野ユズキ

I-STREAM【公式】

猫骨みたま

神々 てと

あまねもも

代々木 うさぎ

ナナイロからす

ヒイラギ

ページの先頭へ

©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.