紡音れい

流行

「バズ職人」こと紡音れい、遂に自身がトレンド入り! これぞバズのお手本だ!!

Date: 2019/11/06 タグ: , , , ,

Vtuber post

Vtuber「紡音れい」と言えば、「天才美少女mix師」としての一面とともに、これまでTwitterで数々のバズを生み出してきたことでも有名。

中でも #Vtuber丸メガネ選手権 は彼女の”発明”の代表作だ。
ご存知の方も多いことだろう。

 

上記ツイートを投下後、「#Vtuber丸メガネ選手権」のハッシュタグは瞬く間にトレンド入り。
名だたる大物Vtuberたちも続々と参戦した(以下、一例)




・・・と、バズとしてはかなりの大成功を収めたものの、問題は、
肝心の産みの親である「Vtuber 紡音れい」の知名度はいまひとつ上がらなかったことだ。

しかも、彼女にとってはこれが初めてのことではない。

この約1ヶ月前、紡音れい発信でバズを生んだ「助けて!フォローして!企業Vだから!構文」 の際も同様に、多くのVtuberの間で拡散したものの、「ツイータネタはバズるが本人はバズらない」という悲劇が起きていた。

 

そんな彼女が、これまでの教訓を存分に生かし、本日11/6、遂に「紡音れい」自身をTwitterトレンド入りすることに見事成功した。

発端となったツイートがこちら。


まさに”発明”という他ない。
この上級テクを使ったツイートにフォロワーが続々と乗っかり、それを見た外部のユーザも「一体何が起きているんだ?」と輪に取り込むという、バズループを生み出した。



その後、順調にバズループが広がり、見事「紡音れい」がトレンド入りを果たす。

 

今回のトレンド入りは、紡音れいがバズるための策を考え抜いた結果の「技あり一本!」と言える。
ただし、紡音れいの凄い所は、単に奇策に頼るというわけではなく、Vtuberの本業でも類い稀な努力していることだ。

その結果が、活動約半年という短い期間ながら、現在開催中のイベント「V.V.V. 2019」でも、2nd STAGEを勝ち抜きファイナリストに進むなどの実績につながっているのだろう。

 

トレンドは乗っかるものではなく、自ら創り出すもの。
新人Vtuberが「頭一つ抜け出すため」に彼女から学べることは、本当に大きい。

 

※以下の動画もオススメ

記事作成

Vtuber post

Vtuber post 編集部。Vtuberに関する話題を集め、ニュース情報としてお届けしております。情報提供はお問い合わせ、またはユーザーニュース投稿よりお寄せください。


この記事へのコメント

  1. 水玉 より:

    紡音れいちゃんのPixiv記事にこの記事へのリンクを張らせて頂きました。ご要望などございましたらご連絡よろしくお願いします。

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE

毒のお兄さん

ツバキ&アヤメ

玉羽なつこ

白小井ピヌ

静丘るこ

白霧 憂

グライフ

Ria

ページの先頭へ

©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.