大会・イベント告知これはユーザー投稿ニュースです。

kawaiiボイスに俺はなる! 最新ボイチェン&両声類技術を大公開 【バ美肉紅白2022レポート】

Date: 2022/12/20 タグ: ,

メタバース音楽ライブ「バ美肉紅白2022」

<ダイジェスト動画(5分)> 

バ美肉VTuber8名が「ボイチェン」軍と「両声類」軍に分かれて最強の美少女シンガーを賭けて競い合うメタバース内の歌合戦イベント。今回は第3回の開催となり、全ステージに専用のパーティクル演出が加わるなど、過去最大のスケールで12月16日にメタバース「cluster」内で行われた。各メンバーが歌唱と技術解説を披露したのち来場者投票が行われ、今年は「42対47」の僅差で「両声類」軍が三連覇を達成した。健闘を称え合い、全メンバーでの合唱も行われた。メタバース内特設開場への来場者は586名に達し、YouTube LIVEの視聴者510名と併せて合計1,096名の観客が「kawaiiボイス」技術を視聴した。

 

<ライブ本編アーカイブ(全編無料公開中・2時間46分・チャプター機能付き)>

<公式技術解説レポート>

イベントで各メンバーが紹介した解説スライドを掲載し、実際にどのようなアプローチを用いているのか詳しくレポートで解説している。

・バ美肉紅白2022レポート https://note.com/nemchan_nel/n/n0c77a987e6eb

「両声類」とは

人智を超えた厳しい修行の果てに筋肉で声帯を自在に操り、男声・女声両方を生身で自在に出し分ける発声技術を獲得したメタバース内の一大勢力であり、畏怖を持って「両声類」と呼ばれている。全世界のメタバース住人1,200名を調査した生活実態調査「ソーシャルVR国勢調査2021」によればメタバース住人の約5%が両声類であるとされる。

「ボイチェン」勢とは

最先端科学の力・ボイチェン(=ボイスチェンジャー)を利用して、元の声に機械でエフェクトをかけることにより楽してkawaiiボイスを手に入れようとするメタバース内の一大勢力である。物理的な音響加工機器を用いる「HW(ハードウェア)ボイチェン」と、コンピュータによる高度演算処理を用いる「SW(ソフトウェア)ボイチェン」の主に2種類のアプローチが存在する。「ソーシャルVR国勢調査2021」によれば、住人の約9%がボイチェンを利用しているとされる。

※参考:ソーシャルVR国勢調査2021 https://note.com/nemchan_nel/n/ne0ebf797984c

出演者

<両声類軍>

halが主催する両声類VR音楽ライブ「かえるの音楽会」から最強の両声類美少女シンガーを選抜。万全の布陣で決戦に挑んだ。

・「歌のおねにいさん」hal https://twitter.com/haldosei 

・「女声パーティクルライバー」真あつき https://twitter.com/atsuki17173305

・「完全合法ろりあにき/女声ボイスアドバイザー」あまちじょんこ https://twitter.com/john_amachi

・「バーチャル未亡人」噛ませ戌 https://twitter.com/kamaseinyunuko

 

<ボイチェン軍>

ねむが主催した「メタバースデイ」歌ってみたコンテストから、精鋭ボイチェン美少女シンガーを選抜しリベンジに挑んだ。

・「人類美少女計画」バーチャル美少女ねむ https://twitter.com/nemchan_nel

・「ボイチェン大好きおじさんの完成形」松尾悠里 https://twitter.com/Yuri_Matsuo_V

・「デジタルkawaiiマシーン」月山ゆかり https://twitter.com/keyboard_yukari

・「私立バ美肉学園からの刺客」セイ・クイーン https://twitter.com/sei_queen_v

スタッフ:バ美肉紅白2022実行委員会

・主催&司会&広報:バーチャル美少女ねむ (同上)

・主催&司会&特設ステージ制作:hal (同上)

・カメラマン&ビジュアル担当:めんどす (VRアバターデザイナー)  https://twitter.com/mendosu

・告知PV&まとめ動画制作:酒枝裕(映像クリエイター) https://twitter.com/sakaeda_amfgc

・パーティクル演出制作:真あつき(同上)

書籍『メタバース進化論(技術評論社)』

メタバースに興味を持った幅広い読者の方を対象に、現在のメタバースの真の姿、そしてその革命性をわかりやすく伝える「メタバース解説書の決定版」 自身も黎明期のメタバースで暮らす”メタバース原住民”の一人である著者・VTuber「バーチャル美少女ねむ」が、自分自身の体験、数多くのユーザーへのインタビュー、そして全世界のユーザー1,200名を分析した大規模調査「ソーシャルVR国勢調査」を元にメタバースのリアルを明らかにする、世界初の「仮想世界のルポルタージュ」である。

現在技術評論社の推薦により「読者が選ぶビジネス書グランプリ2023」にエントリーされており、1/9日まで読者投票を受付中だ。グランプリに選ばれると全国の書店でフェアが開催される予定だ。

※1/9まで「ビジネス書グランプリ2022」投票受付中 : https://note.com/nemchan_nel/n/naa2a9e22caba

※『メタバース進化論(技術評論社)』公式サイト : https://note.com/nemchan_nel/n/n464c528e9b7a


投稿者:バ美肉紅白実行委員会さん

このニュースは、ユーザーニュース投稿から送信されたニュースです。Vポスにニュースを掲載してみませんか?




この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE

ねこいっと

猫耳魔法少女りこる

佐藤マヤ

白玖ウタノ

燻崎ユウ

煌月りん

星白ウル

ルナティア・アヴィンスター

ページの先頭へ

©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.