常世モコ・インタビュー記事サムネイル

イチ推しVtuber

Vtuberになったのは、疲れた人を癒したいから――映画100本レビューに挑戦中の常世モコが語る「コンテンツ」の魅力

Date: 2020/05/03 タグ: , , , ,

けいろー

「映画」といえば、今も昔も人気のコンテンツ。特に近年は、最新作のレビュー動画をYouTubeで公開している人も見かけるようになりました。

とはいえ、映画を観て、さらに動画を編集して投稿するには、技術も時間も必要。「映画紹介」に特化したYouTuberはリアル・バーチャルを問わずいますが、「編集が大変で、頻繁にレビュー動画を投稿するのは難しい……」と、そんな声もちらほら耳にします。

ところがどっこい。そんな中、実に2日に1本以上のペースで映画のレビュー動画を投稿している、1人のVtuberがいます

 

 

彼女の名前は、常世モコ@moko_tokoyo)。

#常世モコの映画100本ノック」と題した企画を展開中で、ものすごい勢いでレビュー動画を継続的に投稿しているVtuber。まだデビューから半年にもかかわらず、なんとすでに70本以上もの映画レビュー動画を投稿しています。

今回、Vtuber Postでは、そんな常世モコさんにインタビュー。

メールインタビューの形式でお話を伺ったところ、映画への深い愛と、Vtuber活動に懸ける想いを、アツくたっぷりと語ってくれました。社畜時代のエピソードを交えつつ「映画やYouTubeに救われた」と語る彼女の話には、きっと共感できる人も多いのではないでしょうか。

文章 / 常世モコ(@moko_tokoyo
構成・編集 / けいろー(@K16writer

 

社畜から転職、そしてVtuberデビュー!映画とYouTubeの存在に救われた、ひとりあそび系Vtuber

 

――まずは自己紹介をお願いします。

 ひとりあそび系バーチャルYouTuberの常世モコです! よろしくお願いします!

 

――普段はどのような活動をされていますか?

 主な活動は【映画紹介動画の投稿】と【ゲーム実況や雑談配信】で、その他いろいろなSNSもやっています。

 

――趣味や特技はありますか?

 趣味は映画鑑賞とYouTube鑑賞で、漫画・アニメ・海外ドラマも好きです!

 それ以外だと、お酒、部屋の片づけ、あとはSNSで人間を眺めるのも好きですね……。他には『すみっコぐらし』にドハマりしてて、グッズを買い集めてしまっています。

 特技は、夜更かしと妄想です! 徹夜してがんばるのも得意なので、最近は徹夜で編集して、明け方に寝て、起きて、すぐに働く……という生活をしています!(笑)

 

常世モコ・活動内容

 

――普段から夜遅くまでTwitterにいらっしゃいますもんね……。「ひとりあそび系Vtuber」を名乗られていますが、普段はひとり行動が多かったり……?

 そうですね。幼少期から1人で何かをすることにあまり抵抗がないタイプで、さまざまな「ひとり◯◯」を楽しんできました。

 ひとり図書室に始まり……ひとりカラオケ、ひとりファミレス、ひとりラーメン、ひとり旅、ひとり岩盤浴、ひとり居酒屋、ひとり焼肉、ひとり水族館……もちろん、ひとり映画館も。ひとり暮らしをしている中で編み出した生存戦略もいろいろあります(笑)

 ひとりの気楽さと落ち着きが好きなんですかね……。も、もちろん誰かと何かをするのも好きですよ! でも、5人以上のLINEグループだと発言できなくなるタイプです(笑)

 

――個人行動の気楽さ、わかります! そういえばVtuberとしてのモコさんも、企業に属さず「個人」で活動されていますよね。Vtuber活動を始めるにあたって、何かきっかけなどはあったのでしょうか?

 実は私、去年まではいわゆる「社畜」だったんです。

 当時は毎日のように終電かそれ以降に帰宅するのが当たり前で、休日も疲れ果てて寝ているだけ……みたいな生活をしていました。

 とにかくなんでも抱え込む性格のせいで、いつの間にかとんでもない量の案件をほとんど自分1人で担当してしまっていて……。若者に任せる社風は好きで楽しくやっているつもりだったのですが、気づけば身体も心もボロボロになっていました。

 

常世モコ・社畜エピソード
【暴露】元社畜が経験と教訓を語る配信【Vtuber】
より

 

 そんな中、映画やYoutubeなどのコンテンツにふれている時間だけは、「生きてる」って感じがしていたんです。本当に救われていました。

 今は転職して心と身体に余裕ができたので、「あのとき私が救われていたみたいに、今度は私が誰かの癒しみたいなものになれたらいいな」って思って、Vtuberを始めました!

 ちなみにVtuberでは、月ノ美兎さん、鈴鹿詩子さん、宇津木沙和さんが好きです。あと最近は、私と同じママ(※Vtuber的な意味で)から生まれた、エフティエル・ノルちゃんも気になっています。今後、できればコラボとかしたいな……!

 

――精神的に余裕がないときほど、気楽に楽しめるコンテンツの存在に救われますよね……。「社畜」としての経験が、今のVtuber活動に役立っていると感じることはありますか?

 結構役に立っていると思います……思いたいです! たとえば、

  • スケジュール管理(業務の進行管理をやっていたので……)
  • PowerPointの技術(サムネも配信背景や素材もほぼパワポで作ってます(笑))
  • 徹夜スキルと根性()

 とかでしょうか……。たくさんの案件を任されて、「ぜったい無理だ!!」って思うような案件にもなんとか立ち向かっていたので、「負けないぞ! 諦めないぞ!」っていう謎の根性だけはつきました。

 あと、職場では「できません」と口にすることを禁じられていたので、「とりあえずやってみる勇気」もついたかな……。「できない」って言う選択肢が見えないんですよね……。

 

事前にレビューは読まない?映画系Vtuberならではの映画の見方と、レビューのまとめ方

 

――少し世知辛い話から始まってしまいましたが、ここからはモコさんが好きな「映画」について詳しくお聞きしたく思います。映画はずっと好きで観ていたのでしょうか?

 はい! 映画好きだった父の影響で、幼い頃から映画をよく観ていました。

  • 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
  • 『E.T.』
  • 『タイタニック』
  • 『ジュマンジ』
  • 『ジョーズ』
  • 『天使にラブ・ソングを…』
  • 『サウンド・オブ・ミュージック』

 といった超有名な名作も、父の影響で観ました。あとは父がアクション好きだったからか、『ターミネーター』『トゥームレイダー』なども観ていましたね。

 小学生の頃から映画を観ていたので、当時は『トゥームレイダー』のララ・クロフトに憧れて、カノジョの歩き方を真似していました記憶があります。恥ずかしい……! それと、『チャッキー』を見せられて号泣したのがトラウマになって、以降はホラー映画が苦手になってしまいましたね……。

 一番影響を受けたのは、『下妻物語』ですかね。中学生時代にあの映画を観て「私は私らしく生きよう!」って思えましたし、お年玉でロリータ服を買いました。……あ、これは、ここだけの話にしてください(笑)

 

 

 大学生の頃も、TSUTAYAを徘徊して映画を借りて観てたかな。当時は『インセプション』や『シャッター アイランド』のような、ちょっとした考察要素がある作品が好きでした。

 あと、昔観ていたディズニーアニメのDVDをあえて借りるのにハマってた時期があって。『アラジン』とか『リトル・マーメイド』とか、今見ても本当におもしろいんですよね……!

 映画や海外ドラマを観る機会がグッと増えたのは、社会人になって「Fire TV Stick」を購入してから。家でも手軽に映画を観られるようになったことで、たくさんの魅力的なコンテンツにふれられるようになりました。私はNetflixが大好きです!

 でも社畜時代は、帰宅してから映画を観る余裕がなくなってしまって……。平日は海外ドラマを1話、土日に映画を1本観る、みたいな生活でした。

 なので、大量に映画を観られるようになったのは転職してからですね! ずっと観たかったMCUシリーズを転職直後に一気に観たので、それが私の映画熱を加速させてくれた気がします。

 

――挙げていただいたタイトルだけでも、非常に幅広いジャンルの映画を鑑賞されていることが伝わってきます……! 特に好きなジャンルなどはありますか?

 もともと社畜だったので、当時は「とにかく元気が出る作品」か「とにかく泣ける作品」を好んで観ていました。

 元気が出る作品は、「明日もがんばろ!」って思えるから。とにかく泣ける作品は、泣いたらすっきりするから、ですね。声を上げて泣いて、パチッと切り替えて、寝て、起きて、また笑顔で働く……改めて振り返ってみると、ちょっと恐ろしいですね(笑)

 最近はドキドキするアクション映画が好きです!

 

――好きな映画監督や俳優はいますか?

 タイカ・ワイティティ監督の作品が気に入っています!『ジョジョ・ラビット』は今のところ、今年の新作映画で一番好きです。日本人監督だと、中島哲也監督のポップな演出が好き! あとは新海誠監督の作品も大好きです!

 俳優さんだと、今まさにマイケル・B・ジョーダンさんにドハマりしています……本当にかっこいいんです……! 「強い意志」を感じる演技が私の心にぐっとくるみたいです。

 映画監督についてはまだまだ勉強中なんですけど、100本ノックが終わったら、監督ごとに追いかけてみるような映画の見方もしてみたいですね!!

 

常世モコ・映画語り
【大号泣】傑作映画!「ジョジョ・ラビット」ネタバレなし感想#5 【☆4.7】
より

 

――監督など、テーマ別の映画紹介もおもしろそうですね! 何か切り口や基準がないと観る映画を選べないという人もいるでしょうし、参考になりそうです。モコさんは、観る映画はどのように選んでいますか? また、鑑賞中に注目して観ている部分などはありますか?

 あんまり先入観を持って観たくないので、事前にレビューなどは読まないようにしています。普段はNetflixを適当に徘徊して、あらすじを読んで気になったら観ている感じですね。

 最近はフォロワーさんのおすすめ作品と、Filmarksのトレンドも参考にしています! でも、ホラーだけは本当に苦手なので見ません。ホラーって時点で除外しています(笑)

 映画を観ている最中は、「どこで心が動いたか?」を結構意識している気がします。

 これは人によってポイントが違うとは思うんですけど、私自身の言葉で、「私の感想」を語るためには大切かなーって思っていて。ただ、細かい部分は鑑賞後に忘れちゃう場合があるので、映画を観ながらメモを取ります。

 もし、映画館でこそこそとメモを取っている小さめの女がいたら……それは、私かもしれません(笑)

 

――上映時間が長い作品ほど、印象的な場面以外は忘れがちですよね……。ちなみに2019年に公開された映画の中で、特に印象に残っている作品はありますか?

 『アベンジャーズ・エンドゲーム』ですね! もう無敵の作品です。すごすぎました。あのすごさを形容するための語彙力が私には足りません!

 MCUシリーズが一段落する締めくくりの作品なんですが、ファンの期待をしっかりと受け止めたうえで、その期待を大きく上回ってくれているというか……マジで最強の映画だと思いました。「映画ってすごい。ありがとう」って気持ちになりました……。

 

常世モコ・お気に入り映画
【傑作】「アベンジャーズ エンドゲーム」ネタバレなし感想#63
より

 

 邦画だと、『天気の子』もかなり気に入って、何回も観に行きました。初回鑑賞のときは、「超セカイ系だ!! うおおお!!!」ってテンション上がりまくりましたね。

 新海誠監督については、これまでの作品を全部、何回も観てきて、人生の一部って言えるくらいに大好きです。ただ、特に“セカイ系”の特徴が色濃いものや切ない作風が好きだった私は、『君の名は。』でちょっと寂しい想いをしてたんですよ(笑)

 なので、『天気の子』は嬉しかったんです。「こっちが好きなんだよ!!! ありがとう!!!!」ってなりました。Twitterで「原作プレイしたことある」って呟いてる方がいて、めっちゃ共感したりとか。

 いやー本当に良い作品でした……って、突然語りすぎちゃいましたね。これでも語り足りないので、『天気の子』の話はまたいつか動画にします(笑)

 

――わかります! モコさんの新海作品語り、ぜひ聴いてみたいです……! そんな個々の作品の掘り下げも気になりますが、モコさんといえば動画の投稿頻度もすごいですよね。すでに70本以上ものレビュー動画を投稿されていますが、ご自身のお気に入りの動画はありますか?

 かなり初期に投稿した『映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』の動画は結構お気に入りです。『すみっコぐらし』がとても好きなので、喋りに愛が溢れてます(笑)

 あとは『クリード』の紹介動画もお気に入りですね。本当に気に入った映画で、愛をどうしても伝えたくて、何度も撮りなおして一生懸命動画にしました。

 「すごくいい!」って感じる映画に出会うたびに「この良さを伝えたい!」って強烈に思って、どうしたら伝わるのかなーって考えつつ、いつも試行錯誤しています。

 

常世モコ・お気に入り動画
【大人も泣ける】「映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」レビュー
より

 

――語り手の溢れんばかりの愛が伝わってくる感想を聞くと、まったく知らない作品でも気になって観たくなります。そのようなレビュー動画を作るにあたって、他に何か意識していること・心がけていることはありますか?

 まずは何よりも、【嘘をつかないで、気持ちを込めて話すこと】を大切にしています!

 最初は緊張しちゃって難しかったんですけど、やっぱり気持ちを込めて喋った動画のほうが伝わる気がしてます! たぶん! 嘘をつかないためにも、なるべく映画を観た直後に動画を撮っていますね。観た直後の気持ちをそのまま動画に込めて、保存している感じです。

 

 

 それから、私が現在取り組んでいる企画「#常世モコの映画100本ノック」の動画は、2分20秒版をTwitterにも投稿しています。

 なので、あらすじと感想は2分20秒の中に収めて、一旦はそこで完結するように作ってます。箇条書きの原稿を用意してそれを見ながら喋ってるんですけど、話す速度をうまく調整して、なんとか2分20秒に収まるように……。うまくいかないときは、何十回も撮りなおします(笑)

 Twitterに動画を載せ始めたのは、YouTubeで自分の動画がぜんぜん再生されなかったのがきっかけです。Twitterのほうが多くの人の目につくから、そこで私のことを知ってもらったり、興味を持ってもらったりできないかなーと。

 話し方としては、なるべくわかりやすく、聞き取りやすく、とにかく気持ちが伝わるように、想いを込めてお話してます! 伝わっているでしょうか……?(笑)

 

ほぼ毎日、全力レビュー!「#常世モコの映画100本ノック」とは?

 

――続きまして、モコさんが今まさに取り組んでいる「#常世モコの映画100本ノック」について、企画の内容を教えてください。

 2月1日に始めた、動画の連続投稿企画です!

 【映画を観て、レビュー動画を作って、投稿する。これを100本連続でやる!】という企画で、現在75本目まで投稿済です!(※5/1現在) ちなみに一応、配信の日はお休みしてもOKということになっています(笑)


――「100日連続」ではないにしても、週に5~6本のペースで投稿されているわけですもんね……。観るだけでなく動画制作にも時間がかかりますし、しかもそれを完全個人でやっていると考えると、本当にすごい……! なぜこの企画を始められたのですか?

 Vtuberを始めた当初は、「映画レビューを週1本程度アップして、たまにゲームや雑談の配信をして……」という活動を思い描いていました。なので、昨年12月までは単発の映画レビュー動画を作ったり、雑談配信をしてみたりしていて。

 ただ、それがぜんぜん再生されなくて!(笑)
 そこで気づいたのが、「このままだとダメだ」ってことでした。

 っていうのも、映画の考察・解説動画って、すでに偉大な先人たちがたくさんの動画を投稿しているんです。でも、私にはそんな賢い動画を作ることも、上手に喋ることもできなくて……。そもそも、まだ映画を勉強中の身で、何者でもない私のレビューには、情報として価値を感じてもらえない。その事実に気づきました。

 めちゃくちゃ悲しい事実ですよね……。ちょっと落ち込みました(笑)

 

 

 で、立ち止まって考えました。私がやりたいのは、

 

毎日が少しでも楽しくなるようなコンテンツを紹介して、
 昔の私のように疲れている誰かの、ちょっとした「救い」になること!

 

 だよなーと。じゃあ私にできることって何かなーって思ったときに、これはもう【一生懸命数こなして、その姿勢を見せること】なんじゃないかって(笑)

 超単純なんですけど、がむしゃらに戦ってみて、その姿を応援したいって思ってもらえたらいいなって思ったんです。

 そして、生まれた企画が【100本ノック】。
 ちなみに、100という数字には特に意味はありません!

 

――実際にやってみて、手応えなどは感じていますか?

 最初はやっぱり、動画を投稿してもぜんぜん見てもらえませんでした(笑)

 でも、「続けることには絶対に価値がある。だって、昔の人が『継続は力なり』って言ってる!!」と思って、がんばって続けるようにしました。自分の家のトイレに「継続は力なり」って書いた紙を貼るくらい必死です……!

 そうやって続けていたら、31日目にアップした『ミッドサマー ディレクターズカット版』のレビュー動画が、なんと8,000回以上も再生されて驚きました! 「やっと再生数4桁動画を作れたー!」って、めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

常世モコ・ミッドサマー
【ミッドサマー完全版】「ディレクターズカット版」レビュー!※ネタバレあり【通常版と何が違う?】
より

 

 さらに、最近は配信にも顔を出してくださる方が少しずつ増えてきて、チャンネル登録者数も600人を超えました!! 本当にありがたいな、って思っています……!

 みなさんの貴重な人生の時間のいくらかを、常世の動画を観るために使ってもらっちゃってて、「ちゃんと応えられてるかな」って不安もまだあるんですけど。それでも、みなさんのコメントに励まされながら、少しずつ手ごたえを感じられるようになってきました。

 映画の勉強という意味でも、今年はすでに90本以上を鑑賞しているので、「少しずつ知識もレビュー力もついてきたかな……?」という感じがしています。

 残りあと25本、完走まで駆け抜けたいなって思っています!!

 

 

「インターネットってすごいよなあ」

 

――徐々にゴールが見えてきた100本ノック、がんばってください! 一方で、モコさんがVtuberとしての活動を始めてから、5月でちょうど半年になるとお聞きしました。この半年を振り返ってみて、いかがでしたか?

 9月頃から準備をして、とりあえずデビューするぞってことでいろいろ始めてはみたけれど、最初の2か月くらいはもう完全に何もわかっていなくて(笑)

 全部が手探りで、とりあえずググって解決できないか、試行錯誤していた感じです。知り合いもいない世界だったので、「これでいいのかなぁ~」って、ずっと自信がなかったですね。まあ今も自信はないのですが……!

 でも、100本ノックをやることを決めてから今に至るまでの数ヶ月は、ずっと前しか向かずに走り抜けてきたって感じ。めちゃくちゃあっという間の半年でした。

 活動していてやっぱり嬉しいのは、「モコちゃんに元気をもらってるよ」とか「また動画見るね」って言ってもらえることですね。コメントやリプライ、すべてに励まされています。

 あとは、ファンアートや切り抜きも! 「常世の活動がきっかけになって、誰かの創作意欲を刺激できた」って考えると、超すごいことだなーって思います。めちゃくちゃ嬉しいです。

 最近だと、いわゆる「お悩み相談」を配信でやろうと思って募集してみたら、かなりがっつり長文の相談を送ってくださった方がいたのも嬉しかったです。しかも、配信の中で私なりに回答させていただいたところ、「相談を送った者です。背中を押してもらえて嬉しかったです」ってコメントがまた送られてきていて……。

 リスナーさんとのこのようなやりとりを経て、私が少しでも誰かの役に立てていることを実感できたので、めっちゃ嬉しく感じました。インターネットってすごいよなあ。

 

常世モコ・お悩み相談
【雑談】おしえて!常世先生(悩み相談に答える枠)【Vtuber】
より

 

――リスナーさんとの交流も、Vtuber活動の魅力のひとつですよね。参加型の企画とかも楽しそう! 100本ノックをはじめ、企画力にも定評のあるモコさんですが、今後やってみたい企画やコラボなどはありますか?

 まずは100本ノックの完走ですね! 「今はとにかくこれに集中!」って思っていて、実はその先をあまり考えられていないんです……。漠然といろいろやりたいなーって思ってはいるのですが……!

 ひとまず、これからも映画の紹介は続けたいなって思っていて、それ以外にもゲームとか雑談とか、配信頻度を上げてみなさんといっぱいお話したいです! そのためにも、トークのスキルを上げなきゃなーとも考えていますね。日々勉強です!

 本当は歌うのも好きなので、歌の動画も作りたいのですが……こちらは技術と機材が不足しているので、ゆっくり準備しようと思います! あとはnoteとかFANBOXとか、動画以外の表現ももっといろいろやってみたい気持ちがあったりします!

 ……超、欲張りですね(笑)

 

――まだ活動開始から半年ですし、がんがん欲張っていきましょう! 今後の活動の目標を教えていただけますか?

 今後の目標としては、まずは

  • チャンネル登録者1,000人
  • 総再生時間4,000時間

 の壁を越えてみたい!

 もう単純に好奇心で、これを越えたらどんな感じなんだろーって思っていて。「新しい景色を見たい!」って気持ちでいます。

 あとは映画を見まくっていたら作品の聖地を巡礼したくなってきたので、いつか映画の舞台探訪動画を作りたいです(笑)

 

――聖地巡礼動画、楽しみにしております! 最後に、読者やファンに向けてメッセージをお願いします。

 ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました!!!

 インターネットの大海原で、私のことを見つけてくれて、知ってくれた奇跡に、本当に感謝です!! 少しでも興味を持ってもらえて、動画を観ていただけたら嬉しいです!!!

 そして、いつも私の動画を観てくださっている方、本当にありがとうございます!

 まだまだ駆け出しで未熟な私ですが、これからもあたたかく見守っていただけたら嬉しいです! また動画や配信でお会いできるのを楽しみにしています。

 最後に、このようなインタビューの機会をくださったけいろーさん、本当にありがとうございました!!

 

―こちらこそ、お忙しい中ありがとうございました! これからも応援しています!

 

 

 

Twitter / YouTube / note

Vポスのデータベースページはこちら

 



記事作成

けいろー

ライター。ネットカルチャー好き。ゆとり世代。最近はVTuberとVRChatに夢中。執筆実績として『HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan Tour』公式パンフレット等。【 Twitter / ブログ


この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE

み音

不磨わっと

小森めと

葛之葉ミハネ

苺なごみ

曇一絃

クリオス

れべるちゃん

ページの先頭へ

©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.