大会・イベント告知これはユーザー投稿ニュースです。

「メタバースでのハラスメント」大規模調査の回答募集中! スイスの人類学者「ミラ」と日本のVTuber「ねむ」主催

Date: 2022/09/07 タグ: ,

スイスの人類学者「ミラ (リュドミラ・ブレディキナ)」とメタバース文化エバンジェリスト/VTuber「バーチャル美少女ねむ」は9月5日、急速なユーザー数の増加により注目が集まるようになった「メタバースでのハラスメント」に関する大規模アンケート調査を開始した。回答条件はハラスメント経験の有無を問わず、VRゴーグルを用いてソーシャルVRをプレイしているユーザーだ。各種VR関係団体や企業が「公式サポーター」として情報拡散に協力し、広く回答協力を呼びかける。メタバースがより自由で安全なものになるための議論を活性化させるため、レポートは無償で公開される予定だ。

■大規模アンケート調査「メタバースでのハラスメント」

メタバース、それは性別・年齢・社会・地理的立場の垣根を越え、すべての人が集うことのできる場所だ。現在急速にユーザーが増えている一方で、一部メディアでは、挑発的な言動や中傷などのメタバースでのハラスメント問題が強調されているが、実際に現在のメタバースの世界で生きている住民の実態はどうなのだろうか。複数のプラットフォーム・地域にわたる定量的な調査を行うことで、以下のような疑問を調査する。

 1)ユーザーは実際にハラスメントに遭遇しているのか? その場合、どのようなハラスメントがあるのか?

 2) ユーザーのジェンダーやセクシュアリティは安全性に影響を与えるか?

 3) ユーザーはどのように迷惑行為に対処し、どの程度の影響を受けているのか?

メタバースで起こっている実態を可視化することで、私たち一人ひとりがより良い「メタバースマナー」について考え、メタバースでの生活がより自由で、より安全で、より楽しくなるきっかけになることを期待する。

 

・方法:日英バイリンガル対応した回答フォームによる公開アンケート方式。回答時間は約3~7分を想定。

・目的:本調査は、ソーシャルVRにおけるハラスメントに関するもの。メタバースがより自由で安全なものになるための議論を活性化させるため、調査結果は個人が特定されない形でレポートとして無償公開する。
・対象:VRヘッドマウントディスプレイを用いて、ソーシャルVR (VRChat、Rec Room、Neos VRなど) を直近1年以内に5回以上使ったユーザーで、英語もしくは日本語話者の方。(デスクトップ・スマホからのみの利用者は今回は対象外)  
・期間:2022年9月5~24日

・回答フォーム:https://forms.gle/U3a9hfWdWcto6qr28

■調査チーム : 研究ユニット「Nem x Mila」

「メタバースでのハラスメント」は、「バーチャル美少女ねむ」と「ミラ (リュドミラ・ブレディキナ)」による研究ユニット「Nem x Mila」による第3弾大規模調査プロジェクトである。2020年には「新型コロナはバーチャルコミュニケーションを加速したか」を発表。昨年2021年にはメタバースでのユーザーの生活実態を明らかにするため、世界規模で行った大規模アンケートの回答1,200件を分析した「ソーシャルVR国勢調査2021」を無償公開。国際会議等で発表し、文化庁・四季報・各種新聞・テレビ番組でも参考データとして取り上げられるなど、大きな話題となった。

 

※参考:ソーシャルVR国勢調査2021 https://note.com/nemchan_nel/n/ne0ebf797984c

※参考:新型コロナはバーチャルコミュニケーションを加速したか(2020) https://note.com/nemchan_nel/n/n37138daa9fb7

 

●ミラ (リュドミラ・ブレディキナ)
スイス・ジュネーブ大学修士号を取得。現在はフリーの人類学者として活動している。2022年に「バ美肉」「VTuber」に関する修士論文でジュネーブ大学のジェンダー分野の学術賞「プリ・ジャンル」を受賞した。

Twitter : https://twitter.com/BredikhinaL

 

※参考:ミラが「バ美肉」論文で学術賞「プリ・ジャンル」受賞 https://note.com/nemchan_nel/n/ne05416248557

 

●バーチャル美少女ねむ

日本のVTuberで、メタバース文化エバンジェリスト。HTC公式VIVEアンバサダー。2022年には自身の体験とVR国勢調査を元に解説書『メタバース進化論(技術評論社)』を出版。発売3ヶ月で六刷重版の大ヒットに。

Twitter : https://twitter.com/nemchan_nel

 

※参考:バーチャル美少女ねむ『メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界(技術評論社)』 https://amzn.to/3ttybVX

■公式サポーター

各種VR関係団体や企業が「公式サポーター」として情報拡散等に協力し、広く回答協力を呼びかける。

 

●NPO法人バーチャルライツ
VR文化の振興を目的として設立された世界初のVR市民団体。VR空間で生きる者たちの権利を守るための提言活動などを実施。2022年8月には、内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」のメタバース分科会長に就任。

公式サイト : https://www.npovr.org/

 

●PANORA
「日本にVRを広める」をミッションとする日本初のVR専門ニュースメディア。いわゆる「VR元年」の前から海外の最新情報を提供したりVRの関連イベントを積極的に実施し、日本におけるVR普及に大きく貢献した。

公式サイト : https://panora.tokyo/

●メタカル最前線
「『最高』を発信し続け文化圏を拡大する」をコンセプトに2022年4月に始動。メタバースカルチャー(略して“メタカル”)の最前線を“メタバース住人”の視点から届けるマルチメディアプロジェクト。

公式サイト : https://metacul-frontier.com/


●株式会社ブイノス
「Vの者がVのまま社会参画できる未来」を目指す実践検証組織。所属する個人系バーチャルアーティストたちや、企業である株式会社ブイノスと連携しながら、個人と法人の枠を超えた様々なプロジェクトを行っている。

公式サイト : https://vnos.info/


投稿者:バーチャル美少女ねむさん

このニュースは、ユーザーニュース投稿から送信されたニュースです。Vポスにニュースを掲載してみませんか?




この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE

ミカド・エライヤ

雨意ツエト

日和ゆい

星乃べあ

三宅 緋凪

袴田ない

華美倉かびん

璃月こよみ

ページの先頭へ

©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.