アンケートから見えてきたVTuberさんの気になるマイク事情! 人気のマイクは?

コラム

アンケートから見えてきたVTuberさんの気になるマイク事情! 人気のマイクは?

Date: 2024/02/05 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Vtuber post

X(旧Twitter)にて行っていたアンケートにご回答いただきました皆様、誠にありがとうございました!

いただいた回答を元に、VTuberさん達の気になるマイク事情をまとめてみました。

■マイクの基礎用語

マイクをご紹介する前に、今からマイクを探したい、という方のために、簡単にマイク用語を説明をしておきます。

マイクの種類

・ダイナミックマイク

 特定の範囲の音のみを収録可能。
 大きな音は収録しやすく、生活音などのノイズを拾いにくい構造になっています。
 そのため、小さい音を拾うのが苦手。例えば、シンバルの余韻などは拾いにくいです。
 外部電源は必要なし。

・コンデンサーマイク

 小さい音を拾うことが出来るため、息遣いや弦のすれる音なども収録可能です。
 外部電源を必要とします。

指向特性

・単一指向性

 マイクを向けた方向(正面)の集音感度が一番良く、正面以外の音は集音しにくい性質の事を言います。
 最も一般的なタイプになります。

・無指向

 あらゆる方向からの音を集音可能な性質。
 マイク一本で弾き語りやアンビエンスの録音に適しています。

・双指向性

 マイクを向けた正面とその真ウラを集音可能な性質。
 一本のマイクを挟んで向き合った人物の会話(真正面・真ウラ)の音が録音可能です。

その他、機能

・パッドスイッチ

 マイクの感度を下げる機能。
 大音量の場合は、PADスイッチにて感度を下げる事で音割れを防ぐ事ができます。

・ローカットスイッチ

 エアコンや冷蔵庫などの生活ノイズ(一定の帯域)を遮断する機能です。

 

■アンケートでみるマイクの人気メーカーリサーチ

それではアンケート結果から、気になるマイク事情の発表です。
まずは、メーカー別ランキングの発表から!

1位 Audio-Technica(オーディオテクニカ)

世界中に多くのメーカーさんがありますが、
今回のアンケートでは、ダントツ一位となりました。

日本の東京に本社を持つ音響機器メーカーです。
オリンピックやグラミー賞、サマーソニックなど国内外のイベントで採用実績を持つ、
いまや日本を代表するオーディオアクセサリーメーカーですね。

 

2位 AKG(アーカーゲー)

オーストリアで設立された音響機材メーカーで、
こちらのメーカーさんも、利用者している!という声を多く頂きました。
レコーディング・スタジオの録音・集音用に標準で使用されるブランドでマイク業界を牽引するブランドの一つです。

 

3位 SHURE(シュア)

1位、2位のシェアが高かったのですが、こちらのメーカーさんも何名かいらっしゃいました。
80年以上の歴史を持つ、アメリカの総合音響メーカーです。
1939年、業界初の単一指向性マイクロホンを発売したメーカーで、アメリカ大統領の演説の場で使われていたとも!

 

4位 Logicool(ロジクール)

スイスのコンピューター周辺機器やソフトウェアメーカーです。
マウスやキーボードといったパソコン周辺機器で、このメーカー名を知っている方も多いはず。
アメリカの「Blue Microphones」を買収したため、Blueブランドの票もこちらに入れさせていただき、4位となりました。
※日本以外ではロジテック表記

 

5位 SENNHEISER(ゼンハイザー)

ドイツ ハノーファーに本拠を構える人気音響機器メーカーです。
スピーカーフォンが、世界で1分に2台売れているという脅威のシェア率ですが
マイクも有能なものを取り揃えているメーカーさんです。

6位以下

名前が挙がったメーカー名です。

HyperX(アメリカ)
YAMAHA(日本)
RODE(ロード)(オーストラリア)
ASTON MICROPHONES ( アストン・マイクロホンズ ) イギリス
marantz Professional(マランツ プロフェッショナル)アメリカ合衆国
LEWITT(ルウィット)オーストリア
SOUNDELUX(サウンデラックス)※ブランド製品生産終了
ROSWELL ( ロズウェル ) アメリカ
ZOOM(ズーム)日本
Maono(マオノー)中国

 

■アンケートでみるマイクの人気機種リサーチ

マイクは一つのメーカーさんだけでも種類が多いので、アンケート結果も多種多様な結果となりました。
人気メーカー順に、いくつかご紹介させていただきます!

■一番選ばれたマイク Audio-Technica AT2020

Audio-Technica AT2020
https://www.audio-technica.co.jp/product/AT2020より

公式:12,980(税込)
コンデンサーマイク/単一指向性

導入しやすい価格帯なので入門用とも言われますが、
スタジオ品質を実現できるので幅広い方にオススメの1本です。
本シリーズが累計販売数100万本を超える実績なのも頷けます。

これから動画配信や宅録を始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

※PCへの接続には別途オーディオインターフェースなどが必要です。

PC接続を簡単に出来る USB接続型の「AT2020USB-X」もあります。
公式:19,580(税込)
コンデンサーマイク/単一指向性

https://www.audio-technica.co.jp/product/AT2020USB-X

 

■Audio-Technicaの二番人気はこちら AT4040

Audio-Technica AT4040
https://www.audio-technica.co.jp/product/AT4040より

公式:¥38,280(税込)
コンデンサーマイク/単一指向性/ローカット有/PAD -10dB

AT2020の上位機種です。
ローカットスイッチ付きなので、エアコンなどの環境音もを低減してくれます。
快適な室内での配信ライフを送れますね。

 

■AKGからは価格高めの C414XLS / C414 XLII

二番人気のメーカーAKGからは、こちらのマイクの名前が挙がりました。

AKG C414XLS
https://jp.akg.com/C414XLS.html?dwvar_C414XLS_color=Black-GLOBAL-Current&cgid=microphonesより

公式Amazon価格:99,880円
コンデンサーマイク/ローカット有/指向性 無,広い単一,単一,超,双とそれぞれの間の計9段階/PAD 0,-6db,-12db,-18dB

 

AKG C414 XLII

https://jp.akg.com/C414+XLII.html?dwvar_C414%20XLII_color=Black-GLOBAL-Current&cgid=microphonesより

公式Amazon価格128,040円
コンデンサーマイク/ローカット有/指向性 無,広い単一,単一,超,双とそれぞれの間の計9段階/PAD 0,-6db,-12db,-18dB

C414シリーズの最新モデルです。
どちらも高額な価格帯になりますが、その分、色々と機能が満載です。
この2種類の音質比較の動画などもYouTubeには紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■AKGの日常使いなマイク Lyra

AKG Lyra
https://jp.akg.com/C44-USB.htmlより
AKGって高いんですね……と思われた方。
そんなことはありません。
二番人気のメーカーさんだけあって、多種多様なラインナップを取り揃えているのもAKG。

公式Amazon価格:14,122円
コンデンサーマイク/単一指向性/USB端子

こちらのマイクは主に雑談やASMRに利用している、という声が聞かれました。

 

■3位のメーカーSHUREからは SM7B

SHURE SM7B
https://www.shure.com/ja-JP/products/microphones/sm7bより

公式:59,400円
ダイナミックマイク/ローカット有/単一指向性PAD -20dB

なんとマイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」でも使用されていた(※)シリーズという強烈なインパクトを持つマイクです。
周りの音が入らず収録できるという意見が聞かれましたよ。
SHURE SM7 (B)の歴史 ~ 強化された SM57より

 

■4位のメーカーロジクールからは Blue XLRシリーズ

Blue XLRシリーズ

https://press.logicool.co.jp/ja-jp/blue-xlr-series/より
※画像並び順「Spark SL」・「Bluebird SL」・「Baby Bottle SL」

Spark SL
24,970円(税込)
コンデンサーマイク/ローカット有/単一指向性/PAD -20dB

Bluebird SL
32,780円(税込)
コンデンサーマイク/ローカット有/単一指向性/PAD -20dB

Baby Bottle SL
43,780円(税込)
コンデンサーマイク/ローカット有/単一指向性/PAD -20dB

このシリーズ、アンケートでは皆さん「Bluebird SL」を利用しているとの事でした。
ビンデージマイク感溢れるデザイン、お好みな方も多いのではないでしょうか。

3種類の中から、どのマイクが好みなのか、判断するのは難しいところですね。
公式FacebookではOKAMOTO’Sオカモトショウさんが異なるマイクを試す動画を公開中です。  https://www.facebook.com/Logicool/posts/pfbid0386FS2bT2nRQg5voWPHZb6sFPM96ibDCvtRtJ8wgRcZ9CC7dmbtVhDNwcMstJpdYel

 

■5位 SENNHEISERからは E945

SENNHEISER E945
https://www.sennheiser.com/ja-jp/catalog/products/microphones/e-945/e-945-009422より

Amazon正規品価格:19,500円
ダイナミックマイク/単一指向性

弾き語り用に使っているという声を頂きました。
ダイナミックマイクですが、コンデンサーマイク並にクリアな音質になるのだとか。
手の届きやすい価格帯なので、ぜひ検討してみてください。

 

■アンケートに登場したマイクを価格帯別でご紹介

アンケートに記載していただいたマイクを、公式価格帯で並べてみました。
(2024/1月時点での価格目安)
生産終了したものは、目安価格帯に配置しています。

0~10000円

marantz Professional MPM-1000 6,000円
HyperX SoloCast 7,980円
SENNHEISER E835 8,800円
AKG P3S 9,141円
 

10,000~20,000円

Audio-Technica AT2040 12,100円
Audio-Technica AT2010 12,980円
Audio-Technica AT2020 12,980円
YAMAHA YCM01 13,200円
Maono(マオノー) AU-AM200 S1 13.999円
AKG Lyra 14,122円
HyperX QuadCast 14,850円
SHURE SM58 15,400円
Audio-Technica AT2035 19,580円
AKG P120 19,030円
SENNHEISER e945 19,500円
ZOOM AMS4-24 19,900円 

20,000~30,000円

HyperX QuadCast S 21,300円
RODE NT1-A 24,800
Logicool Spark SL:24,970円
Logicool(Blue) Blue YETI X 28,380円
AKG P220 28,490円
SHURE MV7X  28,600円
 

30,000~50,000円

ASTON MICROPHONES ( アストン・マイクロホンズ ) Origin 販売終了
Logicool Bluebird SL 32,780円
Audio-Technica AT4040  38,280円
AKG D7 35,530円
LEWITT LCT 440 PURE 40,150円
RODE NT3 40,627円
Logicool Baby Bottle SL 43,780円
AKG C214 46,860円
 

50,000~100,000円

SHURE SM7B 59,400円
Spirit ASTON 販売終了 59,400円
Audio-Technica AT4050 85,118円
SHURE KSM32/CG 97,900円
AKG C414XLS 99,880円
 

100,000円~

AKG C414 XLII 128,040円
ROSWELL Pro Audio Colares 189,200円
・SOUNDELUX U99B (生産終了)350,000円

 

■2024年最新ゲーミングマイク 発売情報

最後に、2024/2/15発売される最新ゲーミングマイクをご紹介します!
メーカーはLogicoolです。
ゲーム配信者のVTuberさんにとっては、痒い所に手が届くマイクの仕上がりになっています。
ぜひチェックしてみてください。

Logicool Yeti Orb(オーブ)

Yeti Orb
https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/microphones/yeti-orb-gaming-microphone.988-000555.htmlより

公式:8,690円
コンデンサーマイク/単一指向性/ノイズリダクション/ ボリュームコントロール/USB

キーボードやマウスのクリック音といった環境音を拾わないノイズリダクション機能も搭載。
マイクミュートやゲインコントロール(マイクの感度調整)も可能。
この価格帯も含めて、ゲーム配信入門にはピッタリの据え置き型マイクです。

 

Logicool Yeti GX

Yeti GX

https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/microphones/yeti-gx-gaming-microphone.988-000572.htmlより

公式:32,780円
ダイナミック/単一指向性/ノイズリダクション/ ボリュームコントロール/USB

Logicoolの統合設定ソフト「Logicool G Hub」(以下,G Hub)に組み込まれた「Blue VO!CE」機能を組み合わせることで、
配信や録音中にマイクに手や物をぶつけたりしても,その騒音を音声に載せないという嬉しい機能も搭載されています。

まとめ

VTuberさんのマイク事情、いかがでしたでしょうか。
収録する内容によって、マイクを変えている、という声も多数いただきました。
よりよい配信に向けて、絶え間ない努力をしているVTuberの皆さん、本当にお疲れ様です!
マイクの特徴を生かして、これからも皆さんの素敵な声をより多くのファンの方々にお届けしてください。
この度は、アンケートの回答、本当にありがとうございました。



記事作成

Vtuber post

Vtuber post 編集部。Vtuberに関する話題を集め、ニュース情報としてお届けしております。情報提供はお問い合わせ、またはユーザーニュース投稿よりお寄せください。


この記事へのコメント

この記事にコメントする

コメントは承認後に表示されます。

CAPTCHA


NEW FACE


白兎ルイ


カガミミラ


雪白カナデ


印振ウム


みなこ♡


幻月みなも


ぎょるち


ぽいと

ページの先頭へ

TwitterRSSお問い合わせ

©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.